大学等非常勤講師ユニオン沖縄

hjkunion.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:その他( 21 )

県議会への働きかけ

 琉球大学の拙速な非常勤教員の雇用に関する規程改正の対応に対して、短期間で問題を県内に広く知ってもらうために、県議会議員への働きかけを行っています。
 
 3月6日、県議会に陳情を提出しました。文教厚生委員会の狩俣信子議員の力強いサポートを得ています。
 
 以下、提出した陳情書をはりつけます。


d0075342_12203026.jpg













           
陳 情 書


沖縄県議会
議長 喜納 昌春 殿
                          平成25年3月6日


                 大学等非常勤講師ユニオン沖縄
                  執行委員長 平井 真人

   労働契約法改正に伴う琉球大学の人事規定等の見直し(案)について

 琉球大学は、アメリカ占領下の1950年(昭和25年)に沖縄初の大学として開学して以来、多くの優秀な人材を輩出してきました。復帰後国立大学へと移管し、その後大学法人となった現在も、沖縄の高等教育を担う学術拠点として、沖縄の社会に多大な貢献をなし続けています。この間一貫して、島嶼県としての沖縄の特色を生かし、日本の他の地域では成し得ない教育、研究の成果を社会に還元し、独自の歩みを誇ってきました。
 しかし、琉球大学は今年の4月から労働契約改正法の施行を受けて、大幅な人事規定の見直しを行おうとしています。任期を付されている琉大非常勤教員の雇用に関する基本方針を、「更新の期間を含め、雇用期間は通算5年を限度とする。」という拙速な提案です。しかも大学当局は十分な周知をせず、2月15日に行われた全学説明会の前日に告知文書が届くという状況でした。このような進め方は、有期労働者を保護し利益を与えるという労働契約法改正の理念とは真逆の提案であり、非常勤教員の生活権、期待権、及び人権を踏みにじるものです。非常勤教員として生計を立てながら、研究を続けている若手研究者の研究環境や、学生の教育環境にも配慮を欠いたものだと理解せざるを得ません。
 
さらに、この提案は手続き上の不備をも伴い、就業規則の改定に必要な過半数代表者の選挙権を非常勤教員に与えないまま行われようとしています。基本理念として「自由平等、寛容平和」、「平和・共生の追及」を掲げる琉球大学の自治がこのような拙劣な判断に基づいて行われるということは、その存在に関わる根本理念を自ら貶めていると言っても過言ではありません。今一度立ち止まり、開学の理想を取り戻すことが必要かもしれません。大学という学識と叡智の拠点からこのような提案がなされ、施行されれば、日本の高等教育全体のレベルが問われることにもなると私たちは考えます。

 現在琉球大学が提案しているこの人事規定見直し案は、沖縄の高等教育の質の低下、ひいては沖縄社会全体の人権意識の低下を招くものだと危惧します。国立大学法人としての品格を維持し、社会貢献を続けるためにこの提案は撤廃されなければなりません。

このような状況をふまえて、沖縄県として以下の点について取り組むよう、要望いたします。


1.学内外へ向けて公開の説明会を開き、沖縄社会の声を受け止めたうえでこの提案を再考するよう、琉球大学に働きかけること。

2.「労働契約法改正に伴う本学教員人事関係規定等の見直しについて(案)」の4月からの施行を中止し、代替案を模索するよう琉球大学に働きかけること。

3.高等教育機関として、経営上の懸念よりも常に教学上の配慮を優先させるということを徹底するよう、琉球大学に働きかけること。

                                    (以上)

 
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2013-03-07 12:22 | その他

大阪大学外国語学部非常勤講師予算の大幅な削減について

大阪大学箕面地区教職員組合の声明です。ツイッターでも話題に。「阪大」などで検索。
-------------------------------------------



声明
「大阪大学外国語学部非常勤講師予算の大幅な削減に抗議する」

 10月19日,東島大阪大学副学長・教育研究担当理事は,外国語学部教授会構成員への説明会を開催し,3年後に外国語学部の非常勤講師予算をゼロにすると通知しました。また,来年度予算に関して,今年度比で3分の2までに減額することを伝えてきました。私たち教職員組合は,この突然で一方的な措置に対し,断固反対を表明し,撤回を要求します。

 私たち外国語学部は,かねてから大学からの非常勤講師削減の要請を受け,学部教育の水準を下げることなく授業数とカリキュラムの改革を行うために,慎重な検討を重ねてきました。この問題を所掌する委員会等で2年近くにわたって削減計画を練り,教授会での再三の検討を経て,今後4年間での大幅な削減を,まさに今,決定しようとしていたところです。それにもかかわらず,その丁寧で慎重な検討を無に帰して,突然来年には現状の3分の2まで減らし,その2年後にはゼロにするという一方的で乱暴な内容を大学執行部は通達してきたのです。

 これは,外国語学部の25言語におよぶ学科におけるカリキュラムを運営不可能に至らしめるのみならず,現在,その担当を100%に限りなく近い数値で非常勤講師に依存している兼修語学(学部内での主専攻語に次ぐ第二外国語の中・上級教育)の授業を廃止することにも等しく,それは即ち2400名近い外国語学部生に直接の打撃を与えるということです。

 東島理事の削減計画によると,のべ279名(通年計算で,のべ140名近く)の非常勤講師が来年度には突然職を奪われる事態に陥ります。その圧倒的多数が専任の職をもたない研究者であり,彼らの生活基盤が著しく脅かされることになります。

 東島理事は,「学部にどうしても必要な非常勤の雇い入れは,部局の予算で賄うこと」と説明しました。外国語学部の教育に携わる部局の教員一人当たりの担当学生数は,他学部に比べて4倍にも上り,その上ほぼ全員が共通教育の授業も担当するなど,学内でも過度な負担をすでに強いられています。その上に非常勤講師予算が大幅削減,ひいては将来的にゼロとなれば,仮に教員の研究費をすべてつぎ込んだとしても部局による予算措置など到底かなうものではありません。

 大阪外国語大学と大阪大学が統合する際,「両学長の確認事項」として署名入りの文書を手交していますが,その中に「専攻語教育に必要な非常勤講師は確保するよう努める」の一文が厳然と存在しています。極めて難航した統合協議は,事実上この一点を確認したことによって最終的に成り立ったと言っても過言ではありません。しかし,この合意事実について,東島理事は「過去のことを言い出すと泥仕合になる」として,統合の拠り所となる合意文書までを無に帰する発言をしました。

 外国語学部は,大阪大学との統合前の大阪外国語大学の時代から,少人数教育が重視される外国語教育や英語教職免許取得のためのカリキュラム保障などの独自の事情に鑑み,文部科学省から非常勤予算が配分されていました。また,大阪外国語大学はそれまで貯金してきた3億円近い資金をもって大阪大学と統合しました。そのお金は大学に召し上げられたままで使途不明でしたが,今回,「国際化した阪大」をアピールするために海外のトップレベルの学生を集めて,入学から卒業まで英語だけで教育を行うコースをこの資金を使って新たに設置することが表明されました。大阪大学は大阪外国語大学との統合以来,機会あるごとに「国際化する阪大」を社会にアピールしてきました。しかし,その実態は,外向けの「国際化」の看板事業に資金を投入する傍ら,本学学生たちの教育水準を根底から破壊するものであり,断固許すことができません。最大の学生数を抱えた国立大学法人として,社会に対して責任ある教育を保障しようとする姿勢がまったく見られません。

 以上の事態は当外国語学部を存続の危機に至らしめるものであり,大阪大学箕面地区教職員組合はこれに対して断固反対し,以下の要求を強く突き付けるものです。

1. 大阪大学は,大学構成員の主体性を根本から否定した独断的な一連の措置を今すぐ撤回せよ。
2. 学生の教育水準を著しく損なう乱暴な非常勤講師削減案を今すぐ撤回せよ。
3. 非常勤講師の大量解雇につながる非常勤講師予算削減案を今すぐ撤回せよ。

2011年10月24日
大阪大学箕面地区教職員組合

pdf
組合ニュース2011第13号
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2011-10-24 23:31 | その他

ウィメンズ アクション ネットワークのウェブマスター業務の外注化について

WAN(ウィメンズ アクション ネットワーク)のHP管理者に対する、労働条件契約違反が発生しようとしています。このHPはとても充実していて、WANのことも信頼していた(女性の働く権利などを訴えていた団体)のですが、じつに残念なことです。HP作成の仕事は外注とし、管理者には別の仕事を担当させ労働時間を減らし、給料を激減させようという考えらしい。よくある手口ですね。

くわしくは、こちらを↓↓
ウィメンズ アクション ネットワークはウェブマスター業務の外注化を撤回せよ!/ユニオンWAN

■ユニオンWAN(非営利団体における雇用を考える会(仮)― WAN争議を一争議で終わらせない ―
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2010-01-05 01:19 | その他

From Korea Irregular Professors

韓国の大学非常勤講師の方から、このブログ宛にメールがありました。
以下に転載します。

Dear HJK union Okinawa
From Korea Irregular Professors

メールの内容はこちら。
↓↓

More
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-03-24 11:32 | その他

Please Support the Student Sit-in at the University of the Ryukyus  in Okinawa March 9, 2009

Please Support the Student Sit-in at the University of the Ryukyus in Okinawa
March 9, 2009

The authorities at the University of the Ryukyus in Okinawa, Japan,
have decided to lay off its adjunct language faculty members and
massively reduce the number of foreign language courses without fully
disclosing why such policies were necessary. Alarmed by the
situation, we, the students, have demanded direct negotiations with
the university officials twice in the past. But the university
dismissed our first demand through writing, and did not even respond
to our second request. The university officials thus repeatedly
failed to create a democratic forum where they and the students could
openly discuss the issues and seek possible solutions.

As the students who have studied justice, freedom, human rights, and
resistance and have been actively applying them to real life
conditions, we decided to occupy our campus and voice our resistance
against these undemocratically chosen, unforgivable policies. Sit-in
has been an important method of self-determination that has been
inventively practiced and carefully passed down by the generations of
people here in Okinawa in their post-WWII struggles. Sit-in has taken
roots in Okinawa because it has allowed the people to directly create
a space in which they could openly speak about what a better future
meant for each of them when they were living amidst the presence of
massive military forces. We thus urge the university to abolish the
so-called "new language curriculum" by learning from and drawing upon
the method of the resistance historically developed here in Okinawa:
sit-in.

The current sit-in aims to create a situation in which the university
authorities must genuinely acknowledge the flawed and problematic
nature of its so-called "new language curriculum." If the university
still exists for us, (as stipulated in its Mission Statement), then
we, the students, need to not only critique but change the current
critical situation in which our own university does not even
acknowledge the concerns and demands of its students.

This situation is not the sole concern of the students and adjunct
faculty members at the University of the Ryukyus. While the
occupation of campus began as a critical response to the
neoliberalization of our university and the attendant impoverishment
of our educational program, our sit-in also aims to problematize other
related issues such as the breakdown of our "autonomous" university
system, crisis of educational system within the Okinawa Prefecture at
large, and unemployment among the residents of Okinawa.

"The new curriculum" has no legitimate basis to justify itself and
benefits no one on campus and in the society, as has been made evident
by now at various meetings and through media reports. But it takes
much courage for us, the students, to express our demand to abolish
"the new curriculum" on the campus of the University of the Ryukyus
where all types of harassment take place on a regular basis. To add
to this, most tenured faculty members remain silent until today. This
is why we sincerely ask for your help because it is difficult to
create "the common"or the communal space in our situation now.

Please join our fight to abolish "the new language curriculum." We
welcome your participation through various means available:
participation in our sit-in, donation, media coverage, and so on.
Your support and participation is much appreciated.


Concerned Undergraduate Students at the University of the Ryukyus
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-03-12 15:10 | その他

陳情書を提出

大学等非常勤ユニオン沖縄は3月9日、県議会に陳情書を提出しました。
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-03-10 23:42 | その他

JAROに電話しなくちゃ!

JARO(日本広告審査機構)のホームページより。
4:「野菜たっぷり」とうたったカップスープを購入したが、浮き実程度の具が入っているだけで、どう見ても「野菜たっぷり」とはいえないものだった。

4:広告主に照会したところ、次のような回答があった。「本製品はJAS法における『乾燥スープ』に該当するが、『乾燥スープ品質表示基準』では、商品名に冠する原材料の使用基準を定めている。当社では『乾燥スープ』で“たっぷり”をうたう場合はこの基準量の2倍を超える量の使用を条件とした」。
 当該スープはエキス状態で見えない白菜も含め、乾燥スープ品質表示基準第6条別表に定める基準量の2倍以上の野菜を含有しており、「野菜たっぷり」の文言自体には問題ないと思われる。しかしながら、当該商品本体には、数種の野菜の具の写真が印刷されており、そばに調理例と記されている。
 本来、カップスープは単にお湯を注いで食するものであり、袋入りめん類のように調理した野菜を加えるという社会通念はない。相談者は、「野菜たっぷり」の文言と併記された写真から中身にその状態を期待し誤認したものと思われる。したがって、景品表示法第4条第1項第1号に基づき当該表示は実際の品質より優良であると誤認するおそれのあるものであり、今後、商品本体に調理済みの状態を示す写真などの絵表示をする場合は、実際の内容物と同一のものを使用するよう要請した。
 なお、当機構より公正取引委員会に確認したところ、同基準の2倍以上であれば一般的に「たっぷり」と表示することは良いが、調理例であっても実態と異なる写真を併記することは誤認のおそれがあるとの見解だった。また、即席めん類の表示に関する公正競争規約第4条第5号において、即席めん類などは「調理済みの状態を示す写真等の絵表示をする場合は、実際の内容物と同一のものを使用したものとする」と規定している。カップスープは同規約の対象ではないが、同様の商品性から参考となるものと考えられる。

6:茶わん蒸しを購入した。上ぶたには「海老」「品名/茶わんむし 海老」と書かれて、さらにたくさんの海老の写真があったので、海老たっぷりの茶わん蒸しと思った。ところが、中身は加熱されて小さくなった海老が1匹入っていただけだった。これは誤解させる表示ではないだろうか。

6:広告主に照会したところ、「パッケージデザインとして具材の海老を表現するために、九尾の海老の写真を載せた。実際には一匹だが商品イメージとしてデザインしたものである。しかし結果として、お客様に誤解を与えることになり大変に申し訳ない。今後は、誤解をまねくデザインおよび表示については十分検討を行い、なるべく早く変更したい」とのことであった。
 上ぶたの写真に「イメージ」などと記入されていないうえ、「海老」の文字が大きく書かれているので、消費者は海老がたくさん入っている茶わん蒸しと期待したと考えられる。今後は誤認を与えない表示にするよう、広告主に要請した。
おやっ!?これは、どこかで聞いた話しとソツクリではないの?と思い当たる方は、
JARO(日本広告審査機構)へいますぐお電話を!
d0075342_23525089.gif




あっ!さっそく電話している人が!
d0075342_23553292.jpg
「もしもし・・あのぅ・・りゅ~だいのえいごはいくらでもりしゅうできますってふれこみだけど、だれでもとれるわけじゃないんだりゅ~。これってごかいをまねくこうこくで、もんだいだりゅ~。」
(*りゅうちゃん写真はこちらから拝借中。みなさん、新聞は毎日読みましょう。読まずに批判するのはやめようね。)
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-03-08 00:08 | その他

つづきはこちら。

5日の「討論会」では、貴重な意見がたくさんでました。
制限時間の3時間はあっというまにすぎ、
時間がぜんぜん足りませんでした。

そのために発言できなかったこと、
言い出せなかったこと、
あとになって言えばよかったと思いついたこと、
などなどたくさんあると思います。

ぜひその声をおきかせください。
非常勤講師だけでなく、どなたでも。

okinawa-hjk-union◎excite.co.jp (◎を@に変更してください)

にメールで送ってくだされば、まとめて掲載します。
(ただし、個人が特定されるような記述は、一部変更する可能性があります。)
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-03-07 10:36 | その他

廃墟の行方。

201X年 琉球大学の語学教室。
d0075342_2191558.jpg
および、20X0年 研究室棟跡地。
d0075342_2374827.jpg

photo by Lainmoon(△) & :: The 2th RoOm ::(▽)
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-02-28 02:23 | その他

琉大前、AVONうさぎあらわる。

琉大前、AVONうさぎあらわる。

AVONうさぎを見る。
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-02-21 00:49 | その他
line

大学等非常勤講師ユニオン沖縄


by okinawa-hjk-union
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30