大学等非常勤講師ユニオン沖縄

hjkunion.exblog.jp ブログトップ

タグ:労働問題 ( 31 ) タグの人気記事

大阪大学外国語学部非常勤講師予算の大幅な削減について

大阪大学箕面地区教職員組合の声明です。ツイッターでも話題に。「阪大」などで検索。
-------------------------------------------



声明
「大阪大学外国語学部非常勤講師予算の大幅な削減に抗議する」

 10月19日,東島大阪大学副学長・教育研究担当理事は,外国語学部教授会構成員への説明会を開催し,3年後に外国語学部の非常勤講師予算をゼロにすると通知しました。また,来年度予算に関して,今年度比で3分の2までに減額することを伝えてきました。私たち教職員組合は,この突然で一方的な措置に対し,断固反対を表明し,撤回を要求します。

 私たち外国語学部は,かねてから大学からの非常勤講師削減の要請を受け,学部教育の水準を下げることなく授業数とカリキュラムの改革を行うために,慎重な検討を重ねてきました。この問題を所掌する委員会等で2年近くにわたって削減計画を練り,教授会での再三の検討を経て,今後4年間での大幅な削減を,まさに今,決定しようとしていたところです。それにもかかわらず,その丁寧で慎重な検討を無に帰して,突然来年には現状の3分の2まで減らし,その2年後にはゼロにするという一方的で乱暴な内容を大学執行部は通達してきたのです。

 これは,外国語学部の25言語におよぶ学科におけるカリキュラムを運営不可能に至らしめるのみならず,現在,その担当を100%に限りなく近い数値で非常勤講師に依存している兼修語学(学部内での主専攻語に次ぐ第二外国語の中・上級教育)の授業を廃止することにも等しく,それは即ち2400名近い外国語学部生に直接の打撃を与えるということです。

 東島理事の削減計画によると,のべ279名(通年計算で,のべ140名近く)の非常勤講師が来年度には突然職を奪われる事態に陥ります。その圧倒的多数が専任の職をもたない研究者であり,彼らの生活基盤が著しく脅かされることになります。

 東島理事は,「学部にどうしても必要な非常勤の雇い入れは,部局の予算で賄うこと」と説明しました。外国語学部の教育に携わる部局の教員一人当たりの担当学生数は,他学部に比べて4倍にも上り,その上ほぼ全員が共通教育の授業も担当するなど,学内でも過度な負担をすでに強いられています。その上に非常勤講師予算が大幅削減,ひいては将来的にゼロとなれば,仮に教員の研究費をすべてつぎ込んだとしても部局による予算措置など到底かなうものではありません。

 大阪外国語大学と大阪大学が統合する際,「両学長の確認事項」として署名入りの文書を手交していますが,その中に「専攻語教育に必要な非常勤講師は確保するよう努める」の一文が厳然と存在しています。極めて難航した統合協議は,事実上この一点を確認したことによって最終的に成り立ったと言っても過言ではありません。しかし,この合意事実について,東島理事は「過去のことを言い出すと泥仕合になる」として,統合の拠り所となる合意文書までを無に帰する発言をしました。

 外国語学部は,大阪大学との統合前の大阪外国語大学の時代から,少人数教育が重視される外国語教育や英語教職免許取得のためのカリキュラム保障などの独自の事情に鑑み,文部科学省から非常勤予算が配分されていました。また,大阪外国語大学はそれまで貯金してきた3億円近い資金をもって大阪大学と統合しました。そのお金は大学に召し上げられたままで使途不明でしたが,今回,「国際化した阪大」をアピールするために海外のトップレベルの学生を集めて,入学から卒業まで英語だけで教育を行うコースをこの資金を使って新たに設置することが表明されました。大阪大学は大阪外国語大学との統合以来,機会あるごとに「国際化する阪大」を社会にアピールしてきました。しかし,その実態は,外向けの「国際化」の看板事業に資金を投入する傍ら,本学学生たちの教育水準を根底から破壊するものであり,断固許すことができません。最大の学生数を抱えた国立大学法人として,社会に対して責任ある教育を保障しようとする姿勢がまったく見られません。

 以上の事態は当外国語学部を存続の危機に至らしめるものであり,大阪大学箕面地区教職員組合はこれに対して断固反対し,以下の要求を強く突き付けるものです。

1. 大阪大学は,大学構成員の主体性を根本から否定した独断的な一連の措置を今すぐ撤回せよ。
2. 学生の教育水準を著しく損なう乱暴な非常勤講師削減案を今すぐ撤回せよ。
3. 非常勤講師の大量解雇につながる非常勤講師予算削減案を今すぐ撤回せよ。

2011年10月24日
大阪大学箕面地区教職員組合

pdf
組合ニュース2011第13号
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2011-10-24 23:31 | その他

ウィメンズ アクション ネットワークのウェブマスター業務の外注化について

WAN(ウィメンズ アクション ネットワーク)のHP管理者に対する、労働条件契約違反が発生しようとしています。このHPはとても充実していて、WANのことも信頼していた(女性の働く権利などを訴えていた団体)のですが、じつに残念なことです。HP作成の仕事は外注とし、管理者には別の仕事を担当させ労働時間を減らし、給料を激減させようという考えらしい。よくある手口ですね。

くわしくは、こちらを↓↓
ウィメンズ アクション ネットワークはウェブマスター業務の外注化を撤回せよ!/ユニオンWAN

■ユニオンWAN(非営利団体における雇用を考える会(仮)― WAN争議を一争議で終わらせない ―
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2010-01-05 01:19 | その他

『けーし風』で特集

d0075342_111571.jpg新沖縄フォーラム刊行
季刊『けーし風(けーしかじ)』2009.6 第63号

特集
こわれゆく教育と労働--琉球大学のおかしな「改革」

特集の目次は以下の通り。

特集にあたって(鳥山淳)
(資料)外国語授業削減の経緯と問題点
琉球大学の「改革」を問う(田仲康博)
琉球大学初修外国語の行方(森美千代)
(資料)新聞紙面に見る社会の反応
<座談会>
ルー大生、「占拠」を語る(タイラテツ・しゅんぺー・ぽちこ・J's・T・真・下地寛尚・大城永子)
大学教育と労働問題(秋山勝)
<インタビュー>
非正規職員の権利を主張し、働き方を見直す(玉城啓子・仲村宮子 聞き手 鳥山淳)


『けーし風』(税込み500円)のご購入は
e-mail netwind◎atlas.plala.or.jp(◎を@に変えてください。)
または BOOKS Mangrooveへ。
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-07-06 01:20 | メディア

From Korea Irregular Professors

韓国の大学非常勤講師の方から、このブログ宛にメールがありました。
以下に転載します。

Dear HJK union Okinawa
From Korea Irregular Professors

メールの内容はこちら。
↓↓

More
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-03-24 11:32 | その他

陳情書を提出

大学等非常勤ユニオン沖縄は3月9日、県議会に陳情書を提出しました。
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-03-10 23:42 | その他

授業数復活認めず 県芸大とユニオン交渉 救済申し立て

d0075342_23222494.jpg
「沖縄タイムス」2009/2/20朝刊
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-02-20 23:23

琉大側、方針変えず/外国語講義数減/学生・教員 今夕に集会

琉大側、方針変えず/外国語講義減/学生・教員 今夕に集会 「沖縄タイムス」2009年01月22日【夕刊】 1面 社会
琉球大学が二〇〇九年度入学者の新カリキュラムで、外国語の講義数を大幅削減する問題で、同大は今春から予定通り新カリキュラムを導入する方針であることが二十二日、分かった。これに対し、学生や教員らは語学力低下を懸念し、署名活動を展開するなど反発している。

 大学側は、英語など外国語の講義数を半減する一方、英語力のレベル別講義や一斉試験、専門科目を英語で講義する点などを挙げている。英語同様に中国語なども講義数を大幅に減らす予定だ。

 同大の平啓介理事は沖縄タイムスの取材に対し、「三、四年次の専門科目でも英語教育を取り入れるシステムに取り組む」と説明。学生らの反発について平理事は「教育内容を理解していただきたい。新カリキュラムの導入を止めることは考えていない」と強調した。同問題で学生や教員らは同日夕、那覇市古島の教育福祉会館で反対集会を開く。
「3,4年次の専門科目でも英語教育を取り入れるシステムに取り組む」とのことですが、その内容について問い質すと、「まだなにも決まっていない」とも言っています。学生の説明にも「答える必要はない」と拒否しておきながら、「理解していただきたい」というのは、つまり、「理由は聞くな、何も考えるな、黙って従え」と服従を求めている、ということです。
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-01-22 23:17 | メディア

「主体」の学生に説明せよ 不可解な外国語授業の半減

沖縄タイムス 2009/1/13朝刊 オピニオン面
d0075342_7574749.jpg

[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-01-22 07:58 | メディア

語学減に反対署名 琉大学生236人分提出

語学減に反対署名 琉大学生236人分提出 2009年1月20日 琉球新報 教育面

 語学授業数の縮減など琉球大学の新カリキュラム案に反対する学生有志ら6人は19日、同案廃止を求めた236人分の署名を大学に提出した。併せて、昨年12月に求めた同案廃止や説明会開催要求への大学側の回答に対する抗議文を岩政輝男学長ら理事3人あてに提出した。署名は学生らが大学内外に呼び掛け集めたという。
 抗議文は大学側が「新カリキュラムは新入生対象で、在学生に説明する必要はない」としていることに「これまで通りの授業が受けられないことを告知するのは法人としての責務」と訴えた。また「非常勤の仕事で生計を立てている講師の存在がまったく無視されている」と強く非難した。

*毎日jpにも掲載。
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-01-21 09:40 | メディア

緊急報告会・琉球大学の語学授業削減計画

どうしてなの? どうなっちゃうの?
緊急報告会・琉球大学の語学授業削減計画
主催:大学等非常勤講師ユニオン沖縄
連絡先:090-6635-3230
1月22日(木)午後7時~9時
教育福祉会館2F 中ホール
入場無料・資料代無料

教育福祉会館 モノレール古島駅から徒歩3分  
098-885-9621
外国語の授業時間を半分に減らす d0075342_11224326.jpg
 最近新聞でも報じられているように、琉球大学では今年4月から、必修外国語の授業時間を半分に削減する計画を実行しようとしています。この計画を主導する理事たちは、「授業時間を半分にしても教育の質は維持できる」と主張していますが、どのような教育方法によってそれが可能になるのか、具体的な方針は何も示されていません。


学生からの説明要求を拒否
 この計画に対して、昨年12月に学生有志が理事たちに説明会を開くよう求めましたが、それに対する回答は、「このカリキュラムは新入生だけに適用されるので、在学生に説明する必要はない」というものでした。
 その一方で理事たちは、「新入生は新しいカリキュラムしか知らないのだから、授業時間を半分にしたと伝える必要はない」とも言っています。
要するに、在学生にも説明しない、新入生にも説明しない、というのです。


計画の内実を伝えます! 
 このままでは、学生に対しても社会にも対しても何ら説明が行われないまま、無責任な計画が強行されてしまいます。それは、学生と教員そして沖縄社会にとって、大変な損失をもたらします。
 そこで大学等非常勤講師ユニオン沖縄は、この計画の内実を広く社会に伝えるために、報告会を開催することにしました。これまでに確認できた情報をより多くの方々に伝え、計画に説得力があるかどうか判断してもらうためです。
 この問題に関心をお持ちであれば、どなたでも参加できます。
 多くの方々の参加をお待ちしています。

(*右画像の上でクリックすると拡大します→)
[PR]
by okinawa-hjk-union | 2009-01-19 07:39 | お知らせ
line

大学等非常勤講師ユニオン沖縄


by okinawa-hjk-union
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30