人気ブログランキング |

大学等非常勤講師ユニオン沖縄

hjkunion.exblog.jp ブログトップ

タグ:大学 ( 45 ) タグの人気記事

非常勤講師50%削減 琉大計画と報告

大学等非常勤講師ユニオン沖縄(平井真人委員長)の第3回総会が25日、那覇市の久茂地公民館で開かれ、14人が参加した。総会では、琉球大学が次年度以降の授業編成で語学の授業数を減らし、非常勤講師を大幅に削減する計画を進めている現状が報告された。鳥山淳書記長は「強行された場合、非常勤講師を中心に大量の雇い止めが生じる」と強調し、今後、同大との団体交渉を通じて対応していく考えを確認した。
 参加者の一人は、琉大の新カリキュラム案について「単位数はほぼ変わらず、こま数(授業時間数)が減らされる計画。大学側からは、非常勤講師を現在の(全教員の)75%から60%に減らし、最終的には50%にしたいと説明を受けた」と報告した。 琉球新報2008年10月26日
by okinawa-hjk-union | 2008-10-28 08:39 | メディア

県芸大、団交応じる/非常勤講師労働組合と「法律に疎かった」

労働組合大学等非常勤講師ユニオン沖縄(平井真人執行委員長)との団体交渉を拒否していた県立芸術大学(宮城篤正学長)が九日、県労働委員会(比嘉正幸会長)の救済命令を受け、ユニオンとの団体交渉に応じた。同大は「労働法に疎かった」と非を認めた。

 ユニオンは、団交を拒否していたことへの責任を追及。同大の長田勉事務局長は「不当労働行為との判断を受け、遺憾だ。今後は良好な労使関係を構築し、適正に対応をしたい」と語った。

 交渉の中で、ユニオンは削減された労働時間を本年度中に回復するよう求めたが、同大は「厳しい」とし、「教授会に(要求を)報告する」とだけ答えた。

 平井委員長は「大学には非常勤講師の環境をきちんと把握してほしい」と要望。鳥山淳書記長は「ようやく権利を主張するところまできた。そういう意味で今回の申し立ては意義があったと思う」と話した。

 ユニオンは同大が団体交渉を拒否し、労働時間を一方的に削減したのは「不当労働行為」とし、昨年六月に県労委に救済を申し立てた。同委は今年八月、県に救済命令を出した。 沖縄タイムス 2008年10月10日 社会
by okinawa-hjk-union | 2008-10-15 08:44 | メディア

公開審問3回目は、18日月曜日です。

18日(月)に沖縄県労働委員会で行われる
第3回公開審問を傍聴しに来てください!

大学等非常勤講師ユニオン沖縄が団体交渉を申し入れたところ、県立芸大がこれを拒否したため、沖縄県労働委員会に対して「不当労働行為救済申し立て」を行い、いまその手続きが進められています。2月18日に最後の公開審問が行われます。今回は、芸大側の証人(小倉教授)の尋問が行われます。傍聴は誰でも可能です。非正規労働者の待遇問題に関心がある方は、ぜひ足を運んでください。
2月18日(月) 14時から会場:沖縄県労働委員会(県庁2F)
*開始15分前に傍聴券の配布があります
開始後の途中入場はできません
傍聴者は県庁駐車場の利用も可能です
カンパのお願いです。
手作りの小さなユニオンには、この手続きを進める資金(弁護士への謝礼金など)が不足しています。応援とご協力をお願いいたします。
沖縄海邦銀行・高良支店・普通預金 0523602
名義:大学等非常勤講師ユニオン沖縄

by okinawa-hjk-union | 2008-02-15 10:47 | お知らせ

1月15日(火) 13時30分から

第2回公開審問(不当労働行為救済申し立てについて)が、15日(火)の13時30分から開催されます。
沖縄県労働委員会で行われる
公開審問を傍聴しに来てください


大学等非常勤講師ユニオン沖縄が団体交渉を申し入れたところ、県立芸大がこれを拒否したため、沖縄県労働委員会に対して「不当労働行為救済申し立て」を行い、いまその手続きが進められています。今後、1月15日と2月18日に公開の審問が行われ、双方が意見を陳述し、反対尋問も行われます。傍聴は誰でも可能です。非正規労働者の待遇問題に関心がある方は、ぜひ足を運んでください。
1月15日(火) 13時30分から
会場:沖縄県労働委員会(県庁2F)
*開始15分前に傍聴券の配布があります
開始後の途中入場はできません
傍聴者は県庁駐車場の利用も可能です
 組合員の平井真人氏(県立芸大非常勤講師)は、2006年度から担当講義時間を半減させられ、年間給与は約140万円に減少しました。07年度はさらに時間数が半減することを通告され、年間給与は約70万円にまで減少することになってしまいました。とても生活が成り立たない収入です。平井氏は05年はじめに県立芸大の給与未払いなどを労働基準監督署に申告し、その結果、県立芸大に対して是正勧告が出され、問題は県議会でも指摘されました。それ以降、平井氏の勤務時間と給与は激減しはじめました。これは、権利を主張する非正規労働者に対する報復的な措置であり、深刻な違法行為です。

 そのため非常勤ユニオンは、07年1月に県立芸大に対して団体交渉を申し入れ、07年度の時間数半減について説明と再検討を求めることにしました。ところが県立芸大は、交渉に応じることを拒否しました。組合が要求した団体交渉に応じることは、事業者の最低限の義務です。にもかかわらず県立芸大は、「非常勤講師の配置について交渉に応じることはできない」という不可解な主張をくりかえしています。

 大学には、労働法が適用されないのでしょうか?

 そんな馬鹿げた話はありません。法律を遵守し、率先して範を示すべき立場にある行政の機関が、人を雇う際の最低限のルールさえも踏みにじっています。
社会が注目することが大切です。ぜひ傍聴に訪れてください。
* カンパのお願いです *
手作りの小さなユニオンには、この手続きを進める資金(弁護士への謝礼金など)が不足しています。
応援とご協力をお願いいたします。
沖縄海邦銀行・高良支店・普通預金 0523602
名義:大学等非常勤講師ユニオン沖縄

by okinawa-hjk-union | 2008-01-11 23:14 | お知らせ

12月17日(月) 14時から16時ごろまで

沖縄県労働委員会で行われる
公開審問を傍聴しに来てください!


 大学等非常勤ユニオン沖縄が団体交渉を申し入れたところ、県立芸大がこれを拒否したため、沖縄県労働委員会に対して「不当労働行為救済申し立て」を行い、いまその手続きが進められています。
 今後、12月17日(月)、1月(日時未定)、2月(日時未定)の3回にわたって公開の審問が行われ、双方が意見を陳述し、反対尋問も行われます。傍聴は誰でも可能です。非正規労働者の待遇問題に関心がある方は、ぜひ足を運んでください。
12月17日(月) 14時から(2時間程度)
会場:沖縄県労働委員会(県庁2F)
*傍聴者は県庁駐車場の利用も可能です
 組合員の平井真人氏(県立芸大非常勤講師)は、2006年度から担当講義時間を半減させられ、年間給与は約140万円に減少しました。07年度はさらに時間数が半減することを通告され、年間給与は約70万円にまで減少する見通となってしまいました。とても生活が成り立たない収入です。
 また平井氏は05年はじめに県立芸大の給与未払いなどを労働基準監督署に申告し、その結果、県立芸大に対して是正勧告が出され、問題は県議会でも指摘されました。その年以降、平井氏の勤務時間と給与は激減しはじめました。芸大側は「カリキュラムの見直し」を口実にしていますが、06年度に非常勤講師が担当していた講義のうち「見直し」によって廃止されたのは、平井氏が担当していた講義だけでした。これは、「権利を主張する非常勤講師」に対する報復的な措置であり、深刻な違法行為です。
 そのため非常勤講師ユニオンは、昨年12月に県立芸大に対して団体交渉を申し入れ、07年度の時間数半減について説明と再検討を求めることにしました。
 ところが県立芸大は、交渉に応じること自体を拒否しました。組合が要求した団体交渉に応じることは、事業者の最低限の義務です。にもかかわらず県立芸大は、「非常勤講師の配置について交渉に応じることはできない」という不可解な主張をくりかえしています。大学には、労働法が適用されないのでしょうか?
 そんな馬鹿げた話はありません。法律を遵守し、率先して範を示すべき立場にある行政の機関が、人を雇う際の最低限のルールさえも踏みにじっています。

社会が注目することが大切です。
ぜひ傍聴に訪れてください。

by okinawa-hjk-union | 2007-12-13 17:15 | お知らせ
line

大学等非常勤講師ユニオン沖縄


by okinawa-hjk-union
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30